生活を支える力

パオでは、生きることを豊かにいろどる手しごとに取り組んでいます。手順を身につけた指先の動きは、とても美しく感動的です。でも、パオの子ども達、生活の中に生かし身につくまで、何倍も何倍も時間がかかります。そして、覚えてもすぐ忘れてしまいます。いつのまにか、諦めがすっかり身につき、大人もトラブルを避けるために手伝ってしまいがち、その方が、お互い楽なんです。でも、子ども達は心の奥で「できるようになりたい。」と思っています。諦めのドアを、一緒に開けて、できるようになる経験を育てていきたいと思います。


金曜日のうわばき洗い

金曜日は、うわばきを学校からパオに持ち帰り洗います。初めは、たわしを持つ指先に力が入りませんでした。徐々に、キュッキュッとたわしの音が鳴るようになります。洗い終わると、うわばきをビニール袋に入れ、両端をもって2回転。その後、ま結びでフニッシュ。おみごと!!!

三つ編みマフラー

冬の手しごとの一つ、編み物をご紹介します。1年生は、極太で編みますが、2年生以上は並太にチャレンジしています。一人ひとり、3色の並太毛糸を選びますが、それぞれの良さを引き立たせる3色を選んでいるのが不思議です。1本ずつ編み、3本を三つ編みしボンボンを付け、出来上がり。編んではほどき、編んではほどく繰り返し。出来上がるまで、何年もかかる根気のいる手しごとです。得意な子どもも、苦手な子どもももいます。時には手が止まり・・・気が付くと手を動かし編んでいます。


手編み・縫い物・クッキング・結び

冬の手しごと

毎回、少しずつ編んでいきます。好きなことを好きなだけ取り組むのが目的ではありません。決まった時間・少しずつ。出来上がることを楽しみに手を動かす冬の手しごと。いつのまにか、集中し静かになっています。

雪だるま

かわいい、雪だるまが並びました。毎年、クリスマスのオーナメント作りが恒例です。針の動かし方、糸通し、材料選び、ワイワイガヤガヤとにぎやかです。いつか、ボタン付けができると生活力がアップしますね!!

クッキング

パオの台所で作ります。IHなので安心!!今日のメニューは、カレーライスと焼きリンゴ。前日、片道30分歩き買い物に、重い袋を交代で持ちました。野菜や果物が苦手な子どもも、「食べれた!」と嬉しい報告です。


カレンダー作り

毎月、カレンダーを作っています。曜日や月日を書き、折り紙は手順表を見て、自分の力で折ります。保護者の方も毎月楽しみにして下さっています。

三つ編み

左右の指先を上手に動かしています。縄を重ねたら、その上から人差し指が縄をしっかりと押さえています。指が動きを覚えるまで、なんども、なんども繰り返します。

雑巾ぬい

パオでは、1年生から針しごとを始めます。上から下に針を刺すのは、簡単でした。でも、下から上に刺すのは、とても難しく、なかなか思うようにはいきません。